森田の写真

相手の立場に立って
考えられるようになりました。

Q1

入社のきっかけは?


キャリア採用で入社を致しました。
前職では個人任せの教育体制だったこともあり、営業としても社会人としても成長を感じられませんでした。
そんな中、兼子産業の面接で社長の人柄や、手厚い教育体制や風土に触れて、ここなら本気で頑張れそうだ、成長できそうだと思い入社しました。

Q2

兼子産業はどんな会社?


数字(結果)だけではなく、動きの質や量、商談内容などプロセスもしっかり評価してもらえる会社です。
社員が多くはないですがその分上司や先輩社員がしっかり育成、評価をしてくれている実感があり、やりがいに繋がっています。
学びたい事、チャレンジしたい事を発信すれば歓迎してもらえ、主体性を尊重してくれます。

Q3

今の仕事内容は?


三重県、滋賀県、北陸のお客様を担当しております。
週に2~3回(1日4件)程度、外回りでお客様を訪問をし、内勤時は訪問のアポイントを取ったり見積対応等を行い、外勤と内勤にメリハリを付け効率的に仕事をしています。

森田の写真

Q4

仕事のやりがいは?


自分から提案した製品がお客様にメリットを与え、喜ばれた時です。
お客様の立場に立ち課題や任務を把握した上で、ベストな提案ができるよう日々取り組んでいます。

Q5

入社して、何が成長できた?


工場や事務の皆さんに日々助けてもらう事が多いため、営業職は、他部署の皆さんの協力のもと会社を代表して最前線に立たせてもらえる職種であるという事を改めて認識しています。
自分の事だけではなく、他部署の皆さんの立場や苦労を想像しながら仕事をするようになり、常に相手の立場に立ってコミュニケーションを取るようになったことが、一番の成長だと感じています。
それが、プライベートでも生きているように感じます。